投稿

6J - 日本円通貨先物

イメージ
日本円通貨先物のCOTレポートをみる限り、それほど気になる動きはないと思っていた。しかし、詳細なデータを再度、確認するとDealersがかなり日本円通貨先物を売っている。彼らは実需筋コマーシャルズである。一方で、Asset Manager / Institutionはかなり積極的に日本円を買っている。彼らの買いが引き金になって円高に進んでいる。と言っても、日本円通貨先物は長く横ばい状態が続いている。

Barchart.com社が掲載しているCOTデータで確認してみると、Dealersは円を売り持ちしている。ヘッジを主な目的として先物市場で売買しているため、彼らはこの先、円の買い戻しは行わない。

ここで日本円通貨先物のシーズナルトレンドを確認すると、円高基調は10月16日頃まで続いている。奇しくものこの期間はアメリカの株式市場が軟調な時期である。リスクオフとなり円高が加速することは十分に考えられる。


日本円通貨先物相場は横ばいに推移しているが、レジスタンスとなっているマグネットプライスまで到達する可能は極めて高くなっている。それは、出来高系指標が徐々に切り上げて、円買いがかなり積極的になっているからである。当面、円高であるが、それは10月中旬まで。その先、アメリカの株式市場が11月から強く反発して上昇に転じる可能性が高いため、Dealersはすでに日本円の売りヘッジを高めている。そのため、Dealersの売りヘッジによる円安トレンドは発生しないとみている。

HG - NY銅先物

イメージ
NY銅先物はシーズナルトレンドに反した動きを昨年から続けている。そのため、鋭いスイングがチャート上で確認できる。

スイング、トレンドの強さを示すADX(Average Directional Index)はシーズナルトレンドに反していたとき、上昇している。それだけ、強いトレンドが確認できるが、上昇トレンドもそろそろ終わりが近づいている。

COTレポートによると、実需筋コマーシャルズは過去3年間でみても、かなり売りヘッジ率を高めている。ここで細分化されたCOTレポートをチェックする。

プロデューサーは大量の売りポジションを抱えている。過去3年間で最大のショートポジションを保有している。これだけ売りヘッジを実行している理由はNY銅先物チャートからではわからない。
上海総合株価指数を見ると、2018年の高値と2015年の高値に迫っている。中国は全世界の4割近くの銅を消費している。そのため、上海総合指数とNY銅先物市場は深い関係にある。新型コロナウイルス感染問題が収束した中国だが、この先は不透明である。NY銅先物市場はそろそろ上昇から下降へシフトする可能性が高い。





6E-ユーロ通貨先物

イメージ
ユーロFX通貨先物のCOTレポートを分析した結果、依然、売りセットアップになっている。過去5年間、大口投資家であるファンド筋はこれまでになく大量のロングポジションを抱えている。取組高はファンド筋と一般投資家によって押し上げられている。一方で、先行役のコマーシャルズは売りヘッジを推し進めている。これはベアリッシュなクラシック・パターンである。


Barchart.comは実需筋コマーシャルズのネットポジションをテーブルにまとめられている。コマーシャルズのネットショートは過去52週と売りヘッジを大量に保有している。ファンド筋のユーロ買い持ちが大きく膨らみ、利益を確定させるポイントを探る必要が出てきている。

6Eの出来高と価格との間に逆行がみられる。Money Flowだけではなく、出来高をもとにしたADラインでも確認したが、価格に反して下降してきている。新たな買いがマーケットに入ってきていない。

ファンド筋がユーロの買い持ちを整理するポイントをチャートから分析すると8月の安値が直近の安値であることがわかる。1.17065が重要なプライスになっている。このプライスを割ってくると、第1サポートゾーン(1.15105~1.14890)で一旦、値が止まると予測している。リスクに見合った十分なリターンが望めることから1.17065辺りに大量の売り逆指注文がおかれていると予測している。

6Eーユーロ通貨先物

イメージ
ユーロ通貨先物 vs. %R
ここまで幾度かユーロ通貨先物のBearについて解説してきたが、ここにきて、本格的に下落へ転換する可能性が高い。積極的に空売りしていくのであれば、6日の安値を割った時点で仕掛けている。チャート下段、%Rは価格との間にダイバージェンスを示していた。チャートをもとにポイントをおさえているテクニカル重視派は、3日の安値を割ってきたところで仕掛けてくる。これは安値を割って始めて下降へ転じたとするチャーティストの定義による。この定義は広く知られているため、ブレイクした直後に大量の買いが入ってくることは良く知られている。その結果、反発を待ってから戻り売りするトレーダーが多い。しかし、このブレイクが一発で上手くいくときがあり、そのため、とりあえず売りにで出る。
ユーロ通貨先物 vs. Money Flow Index (MFI)
MFIの高値は切り下げてきている。そのため、チャートポイントより先にMFIが8月安値を割ってくる可能性が極めて高い。また、MFIが3日の安値をブレイクしてきたところで売りが加速する。

6Aーオーストラリアドル通貨先物

イメージ
豪ドル通貨先物 vs. シーズナルトレンド
引き続き、Dealers(通貨先物における実需筋)の売りは多い。そして、シーズナルトレンドは7月の最終から下降へ転じている。6Aは4月以降、シーズナルトレンドに沿った動きをみせているため、6Aが軟調に推移していも不思議ではない。
豪ドル通貨先物 vs. OBV & MFI
出来高の累積指数、OBVは価格の動向と矛盾していないが、Money Flow Index(MFI)は価格と逆行している。出来高系指数と価格との間に逆行が生じると、それは危険信号である。