投稿

NKD - CME日経225先物

イメージ
 大証日経225先物市場には、CFTCが発行しているCOTレポートのような取引明細区分データがない。そこで、CME日経225先物のデータを代用して分析する。 2020年12月の最終週に12月の第3週の安値を割って下げる場面もあったが、ブレイクダウンは失敗に終わり、2021年1月の第1週に先月の高値をブレイクして上昇に転じた。 その頃、トレンドの強さを示すADXはすでに40を超えて警告ゾーンに突入し、COT代用指数はコマーシャルズによる売りがかなり溜まってきていた。週足データでみるかぎり、上昇トレンドは継続中であるが、ADXはトレンドの終焉が間近に迫っていることを警告している。また、引き続き、コマーシャルズは売りヘッジポジションを積み上げてきている。 CME日経225先物市場は転換時期にきているのか、シーズナルチャートを使って確認する。 日経225指数はここまでシーズナルパターンに反して上昇してきている。この上昇トレンドの強さはADXの上昇を裏付けている。しかし、ADXは40を超えて警告ゾーンに突入している。また、シーズナルパターンによると、日経225指数は1月15日から21日まで下降する時期と示されている。 NY銅先物市場はCME日経225先物を約5日、先行している。ラリー・ウィリアムズは中期展望に着眼することが多い。しかし、ここでは他市場をもとにしたフォーキャストラインのなかでも短期先行市場であるNY銅先物市場に注目する。1月15日から短期フォーキャストラインは下降している。これはシーズナルパターンと一致している。CME日経225先物は15日から22日まで押されてくる可能性が極めて高い。上昇トレンドでロングしている場合はトレーリングストップをマーケットに近づけてディフェンスモードにスイッチする時期にきている。但し、長期上昇トレンドが下降へ転じる兆しはなく、下げてきたところで、再び買い建てることになる。

6N - ニュージランドドル通貨先物

イメージ
  ニュージランドドル通貨先物:COTレポート Barchart.comは過去52週のコマーシャルズの動向をテーブルにまとめている。それによると、コマーシャルズはかなりショートを積み上げている。過去5年間のCOTレポートをチェックしたところ、2017年、Dealersは今よりも多く空売りしていた。COTレポートはトレンドの転換が近づいていると示唆。 ニュージランドドル通貨先物:シーズナルパターン ジェネシス社のシーズナルパターンをチェックすると8月以降、マーケットはシーズナルに反して上昇した。このような場合、上昇トレンドは想定よりかなり強い。そして、NZDはシーズナルパターンが11月後半から上昇に転じているとき、更に上昇モメンタムを強めた。そして、ここからシーズナルパターンは下降に転じている。 ニュージランドドル通貨先物:MFI NZDの出来高系指標、MFIはすでにロールダウンして下げてきている。テクニカル指数のなかでも先行性を示している出来高系指標の代表であるMFIは通貨市場において無視できない。12月21日、NZDは値を下げてきたが、再び買い戻されてひけた。上昇トレンド全般が危険にさらされているわけではないが、急いで買う状況ではない。12月の安値を割り始めてから戻り売りへシフトするべき。

HG - NY銅先物

イメージ
 2020年9月7日、NY銅先物のCOTレポートを分析した結果、上昇トレンドの終焉が間近に迫っていると判断した。一方で、NY銅先物はシーズナルに反して上昇を続け、その上昇トレンドがかなり強いとBlogに記したが、NY銅先物価格の上昇が止まらない。 チャート1 COTレポート Barchart.com チャート1は2020年12月11日に公表されてCOTレポートである。過去5年間、コマーシャルズはここまで大量の売りヘッジポジションを積み上げていない。しかし、Managed Moneyの買い持ちは2017年の最高値よりも少し低い。結果、NY銅先物価格はまだ上昇の余地を残している。 チャート2 シーズナル ジェネシス社 2017年の高値を抜いて上昇してきているNY銅先物市場だが、この吹き上がりはシーズナルパターンが上昇に転じた時点からモメンタムが加速した。 チャート3 ADX & ストキャスティクス ジェネシス社 長期ストキャスティクスは買われ過ぎゾーンに位置しているが、ADXはまだ上昇中である。そのため、テクニカル分析はこの先、上昇する余地があることを示唆している。2017年末、ストキャスティクスは買われ過ぎゾーンにあったが、同時に、ADXは下降していた。この二つのインディケーターがミスマッチした状態になって、マーケットは大きく下落へシフトする。前回の分析から3ヵ月の月日が経過したが、まだ上昇トレンドは継続している。もちろん、マーケットは終焉に向かって上げてきている。COVID-19の感染拡大とは裏腹に銅市場は好調である。

6J - 日本円通貨先物

イメージ
  日本円通貨先物のCOTレポートをみる限り、それほど気になる動きはないと思っていた。しかし、詳細なデータを再度、確認するとDealersがかなり日本円通貨先物を売っている。彼らは実需筋コマーシャルズである。一方で、Asset Manager / Institutionはかなり積極的に日本円を買っている。彼らの買いが引き金になって円高に進んでいる。と言っても、日本円通貨先物は長く横ばい状態が続いている。 Barchart.com社が掲載しているCOTデータで確認してみると、Dealersは円を売り持ちしている。ヘッジを主な目的として先物市場で売買しているため、彼らはこの先、円の買い戻しは行わない。 ここで日本円通貨先物のシーズナルトレンドを確認すると、円高基調は10月16日頃まで続いている。奇しくものこの期間はアメリカの株式市場が軟調な時期である。リスクオフとなり円高が加速することは十分に考えられる。 日本円通貨先物相場は横ばいに推移しているが、レジスタンスとなっているマグネットプライスまで到達する可能は極めて高くなっている。それは、出来高系指標が徐々に切り上げて、円買いがかなり積極的になっているからである。当面、円高であるが、それは10月中旬まで。その先、アメリカの株式市場が11月から強く反発して上昇に転じる可能性が高いため、Dealersはすでに日本円の売りヘッジを高めている。そのため、Dealersの売りヘッジによる円安トレンドは発生しないとみている。

HG - NY銅先物

イメージ
  NY銅先物はシーズナルトレンドに反した動きを昨年から続けている。そのため、鋭いスイングがチャート上で確認できる。 スイング、トレンドの強さを示すADX(Average Directional Index)はシーズナルトレンドに反していたとき、上昇している。それだけ、強いトレンドが確認できるが、上昇トレンドもそろそろ終わりが近づいている。 COTレポートによると、実需筋コマーシャルズは過去3年間でみても、かなり売りヘッジ率を高めている。ここで細分化されたCOTレポートをチェックする。 プロデューサーは大量の売りポジションを抱えている。過去3年間で最大のショートポジションを保有している。これだけ売りヘッジを実行している理由はNY銅先物チャートからではわからない。 上海総合株価指数を見ると、2018年の高値と2015年の高値に迫っている。中国は全世界の4割近くの銅を消費している。そのため、上海総合指数とNY銅先物市場は深い関係にある。新型コロナウイルス感染問題が収束した中国だが、この先は不透明である。NY銅先物市場はそろそろ上昇から下降へシフトする可能性が高い。