投稿

ジェフリー・ハーシュのブログ翻訳:2022年1月20日より

イメージ
  A/D Line Nearing Selling Climax Indices Test Support 騰落 AD ラインは売りのクライマックスの到来でサポートをテスト S&P500指数、NASDAQ総合騰落線、NYSE総合騰落線 NYSE 、 AMEX 、 NASDAQ を合わせた約 9,000 銘柄のうち、本日取引された銘柄の 69 %が下降し、 26 %のみが上昇したため、本日後半の売りによってサポートレベルが試された。これは、 70 %の銘柄が下落し、 15 %以下が上昇するという、騰落 AD ラインの売りクライマックスの水準に近い。この 1 月の暴落が終わりに近づいているのは、来週の FOMC を控えているからだろう。   上表は、 2021 年 7 月から本格化し、さらに 11 月の高値から急落している NASDAQ と NYSE の騰落線に、主要市場平均が追いついてきたことを示している。今週は NDX が -10.4% 、 NASDAQ が -11.9% と 10% の調整局面を迎えている。 1 月初旬の高値から DJIA と S&P500 はそれぞれ -5.7% と -6.5% 下落している。   下表からわかるように、 NASDAQ 100 ( NDX )は過去 2 週間で、 15,700 と 15,250 の 2 つのサポートレベルをかなり急速にブレイクした。その過程で、 NDX は 50 日移動平均 ( ピンク線 ) と 200 日移動平均 ( 青線 ) 、 2 つの月間ピボットサポートレベル ( 緑点線 ) 、そして 21 年 3 月の安値からの上昇トレンドラインをブレイクしている。 NDX は現在、 14,900 のサポートのすぐ下に位置し、 20 年 9 月、 10 月の安値からの上昇トレンドラインのすぐ上に位置している。 NASDAQ 100 指数 ラリー・ウィリアムズのパートナー、 "なりた・ひろゆき"と 米アノマリーの第一人者、エール・ハーシュのあとを継いだ "ジェフリー・A・ハーシュ"による 主要市場を分析した最新相場予測レポート! ▼▼▼ご購読の詳細はこちら▼▼▼ https://www.tradersshop.com/bin/showprod?a

ジェフリー・ハーシュのブログ翻訳:2022年1月19日より

イメージ
  January Seasonal Pattern Update: Tech & Small-Cap Extend Declines 1 月のシーズナルパターンのアップデート: ハイテクと小型株の下げ拡大 過去 21 年間の 1 月パフォーマンス( 2001 ~ 2021 年) 本日の引け時点 (1 月 19 日 ) で NASDAQ は- 8.3 %、 Russell 2000 は- 8.1 %下落している。 S&P500 は- 4.9 %、 DJIA は- 3.6 %下落している。 DJIA 、 S&P500 、 NASDAQ 、 Russell 2000 がいずれも- 9 %超の下げとなった 2016 年以来、第 12 取引日目としては最悪のスタートになっている。直近 21 年間の 1 月のシーズナルパターンと比較すると、この弱さは月末まで続く可能性がある。しかし、現在の下落の大きさを考えると、月末までに小幅な回復もいくどかあるだろう。月末の上昇のきっかけとなるのは、 1 月 26 日の FRB 理事会である。 ラリー・ウィリアムズのパートナー、 "なりた・ひろゆき"と 米アノマリーの第一人者、エール・ハーシュのあとを継いだ "ジェフリー・A・ハーシュ"による 主要市場を分析した最新相場予測レポート! ▼▼▼ご購読の詳細はこちら▼▼▼ https://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=17171&c=2011411200000 ============================================================================================================================================= Hirsch Holdings Inc.が提供する本レポートはあくまで参考情報であり、Hirsch Holdings Inc.および二次的に配信を行う会社は、如何なる金融商品の売買を勧めるではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上で、完全なる自己責任において行って下さい。Hirsch Holdings Inc.および二次的に配信を行う会社

ジェフリー・ハーシュのブログ翻訳:2022年1月18日より

イメージ
  Just Released: 2022 Top Picks Report - See the Pros’ 100+ Best Stock Ideas for the New Year 2022 年トップピックレポートを発表: プロが選ぶ新年のベスト 100 銘柄をご覧ください @MoneyShow は 2022 年トップピックレポートを発行! 100 以上の厳選された銘柄をいち早く目にするチャンス!!   @MoneyShow は 40 年近くにわたり、全米で最も尊敬されている有名なアナリストが発行しているニュースレターを調査し、株式市場をアウトパフォームするための充実した多様な投資アイデアのリストを提供している。保守的な優良株から、大幅な上昇が期待できる高成長株まで、毎年市場で最も期待されているレポートの 1 つ。そのレポートを無料で入手できる。   当社の選択銘柄は、中型株のベスト期間戦略バスケットから採用されている。ベスト期間の季節性 MACD 買いシグナルが 2021 年 10 月 8 日に発動し、その後、ファンダメンタルズのスクリーニングを実行。 10 月 14 日に選択銘柄をトレーダー・アルマナック会員に公開した。   この上昇相場の大半は大型株が支配していたため、あえて当社は時価総額の比較的低い銘柄に焦点を当てた。小型株の定義は時価総額 5,000 万ドルから 10 億ドル、そして、中型株を 10 億ドルから 50 億ドルの範囲とした。 2022 年の当社の上位選択 2 銘柄は、この中型株のグループに属している。当社は、合理的で堅固なバリュエーション、売上高と利益の成長、比較的低い株価対売上高比率および株価対利益比率をスクリーニングしている。そして、ポジティブな株価と出来高、その他のテクニカルとプライスパターンを確認する。最後に、ウォール街のレーダーから外れ、アナリストが比較的あまり注目していない銘柄にフォーカスする。   A10 Networks (ATEN) の株価が 13.30 ドルのとき、 10 月 15 日、当社のニュースレター・ポートフォリオに追加した。   Pacira BioSciences (PCRX) はその株価が 52.89 ドルのとき、 10 月 18 日、当社のニュー

ジェフリー・ハーシュのブログ翻訳:2022年1月14日より

イメージ
  January Monthly Option Expiration Week Mixed Last 23 Years 1 月 SQ 週のボラティリティー: 過去 23 年間では方向感なし 1999年以降のS&P500の1月SQ週 1999 年以来、過去 23 年間、 1 月の SQ 週における S&P500 のパフォーマンスはまちまちである。金曜日 (SQ 日 ) は 12 回上昇、 11 回下降している。 SQ 週全体では 14 回下降し、週平均の損失は- 0.50 %となっている。 DJIA の金曜日とその翌週の記録は、 S&P500 と同じ。 DJIA は SQ 週のパフォーマンスが 12 回上昇とやや良いですが、平均損失は- 0.65% と大きくなっている。 NASDAQ は、 SQ 日、 SQ 週、 SQ 翌週の平均損失が小さいが、 S&P 500 と DJIA と比べて優位性があるとは言いがたい。 1999 年以降のダウ 30 種工業の 1 月 SQ 週 1999 年以降の NASDAQ の 1 月 SQ 週 ラリー・ウィリアムズのパートナー、 "なりた・ひろゆき"と 米アノマリーの第一人者、エール・ハーシュのあとを継いだ "ジェフリー・A・ハーシュ"による 主要市場を分析した最新相場予測レポート! ▼▼▼ご購読の詳細はこちら▼▼▼ https://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=17171&c=2011411200000 ============================================================================================================================================= Hirsch Holdings Inc.が提供する本レポートはあくまで参考情報であり、Hirsch Holdings Inc.および二次的に配信を行う会社は、如何なる金融商品の売買を勧めるではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上で、完全なる自己責任において行って下さい。Hirsch Holdings Inc.および二次的に

ジェフリー・ハーシュのブログ翻訳:2022年1月12日より

イメージ
  Market Generally Stronger Before Martin Luther King Jr. Day than After マーケットは通常、キング牧師の祭日前の方が後よりも強い キング牧師の祭日前と後のパフォーマンス表   キング牧師によるアメリカをはじめとする公民権運動を称え、株式市場の休場は今年で 25 回目となる。マーティン・ルーサー・キング Jr. 記念日は 1998 年に制定されたばかりで、この祝日の前後における市場の動きはまだストック・トレーダーズ・アルマナック (STA) に追加されていない。そこで、この祝日の前後における市場パフォーマンスの歴史を、ここに紹介する。   市場全体では、平均してこの祭日前の金曜日はプラスに、後の火曜日はマイナスになっている。ただし、前日と翌日の上げ下げが比較的均等で、取引はかなり混在している。 DJIA は水曜日の弱さが目立ち、過去 24 年間で 14 回下げている。この混在した不安定なパフォーマンスは、この祭日が SQ 週か、もしくはその翌週に当たることがあるためである。この 2 つの週は、 1999 年以来、どちらかというと不安定で弱い値動きをしている。 ラリー・ウィリアムズのパートナー、 "なりた・ひろゆき"と 米アノマリーの第一人者、エール・ハーシュのあとを継いだ "ジェフリー・A・ハーシュ"による 主要市場を分析した最新相場予測レポート! ▼▼▼ご購読の詳細はこちら▼▼▼ https://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=17171&c=2011411200000 ============================================================================================================================================= Hirsch Holdings Inc.が提供する本レポートはあくまで参考情報であり、Hirsch Holdings Inc.および二次的に配信を行う会社は、如何なる金融商品の売買を勧めるではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上で、完全なる自己責